健康ノート
*

カルシウムの吸収率と吸収を促す方法

カルシウムが不足してしまうと、骨粗鬆症をはじめとする様々な病気にかかってしまうことが懸念されます。

しかも、カルシウムは吸収率が悪いために、摂取時の状態によって吸収されにくいことがあります。

体内のカルシウム

人間の体の中に存在するカルシウムは、体重の1.5パーセントから2パーセントを占めています。そのほとんどは、骨や歯を形成してくれています。

そのカルシウムは、20代までの成長期に体内で増加傾向にあり、30代くらいで一番カルシウムを体内に持っている状態になります。それを過ぎると、少しずつ減少していきます。特に女性は、閉経を迎える50代を過ぎたあたりから、急激に体内のカルシウムが減少します。

これは、女性ホルモンであるエストロゲンには、カルシウムの流出を抑えるはたらきがあるのですが、閉経により、エストロゲンの分泌が止まってしまうからだと言われています。

吸収率

カルシウムの吸収率は、食品によって様々です。乳製品は50パーセント、魚は30パーセント、野菜・海藻類で20パーセントです。しかし、乳製品の吸収率が良いからと言ってそればかりを摂取するのではなく、バランスよく食事をすることが大切です。

また、食品だけでなく、年齢によっても吸収率が変わります。幼児は75パーセント、成人は25パーセント前後なので、年齢を重ねていくと段々と吸収率が悪くなります。吸収されなかったカルシウムは、排泄物として体から出ていってしまいます。

カルシウムの吸収を促すために

カルシウムの吸収を促すためには、ビタミンDやマグネシウムの摂取が大事です。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促してくれ、カルシウムを骨まで運んでくれるはたらきをしてくれます。

ビタミンDは、食物から摂取できるだけでなく、夏場なら30分、冬場なら1時間程度の日光を浴びることによって形成されるので、健康のためにも軽い運動をすることを心がけるといいでしょう。

また、マグネシウムは、骨を作るうえで非常に重要な役割を果たします。また、骨の中にあるカルシウムの量を調整してくれます。カルシウムとマグネシウムは、2:1で摂るのが理想的と言われています。