健康ノート
*

カルシウム不足で引き起こされる病気

カルシウムでの病気

カルシウムは、骨や歯を形成する大切なミネラルです。

体内に存在するカルシウムの99パーセントが骨や歯の形成をしていると言われています。

そんなマグネシウムが不足してしまうと、非常に重大な病気を引き起こす恐れがあります。

骨粗鬆症

近年、認知度が高まってきた骨粗鬆症は、カルシウム不足によって引き起こされる病気です。そのメカニズムは、カルシウムの性質にあります。

体内のカルシウムは、骨に含まれるものと、血液に含まれるものの2種類が存在します。血液に含まれるカルシウムが不足してしまうと、命に危険が及ぶことになるので、血液のカルシウムが不足した場合、人間の体は自動的に骨のカルシウムを血液に送る作用がはたらきます。

そうした状態が長年続くと、骨のカルシウムがどんどん少なくなってしまうことになるので、骨がスカスカになってしまう状態である骨粗鬆症を引き起こします。骨粗鬆症は、骨折がしやすいだけでなく、正しい姿勢を保つことができなくなってしまい、内蔵圧迫などの危険な状態を引き起こす可能性のある怖い病気です。

動脈硬化

人間の体は、血液中のカルシウムが不足してしまうと、骨のカルシウムを血液に送り込みます。

しかし、カルシウム不足が続くと、骨から送り込まれるカルシウムの量が増え、余分なカルシウムが血液中に蓄積されていってしまいます。

そうすると、その蓄積されたカルシウムが段々と硬化していき、血管を詰まらせる原因になってしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中、高血圧などの原因とされていますので、突然死などを引き起こす可能性があります。

その他の病気

骨から放出されたカルシウムは、血液中だけでなく、軟骨や脳、細胞の中など、普通はあまりカルシウムが無い場所にも送り出してしまいます。そのため、糖尿病やアルツハイマー病、変形関節症など、様々な病気を発症してしまうリスクが高まります。

カルシウム不足を補うためにてっとり早いのは、サプリメントなどの栄養補助食品を摂ることです。そればかりに頼ることはできませんが、どうしてもカルシウムが不足してしまうという時には、おすすめの食品です。