健康ノート
*

脂肪肝になりやすいのはどんな人?

脂肪肝は、必要以上の脂肪が肝臓に蓄積してしまっていることで起こる疾患、つまり肝臓が肥満となっている状態です。

脂肪肝の主な原因は、アルコールの大量摂取や、食べ過ぎによるカロリー過多など。

実はこれ以外にも日頃の生活習慣で脂肪肝を助長しているものがあるので、脂肪肝を気にする方は禁酒や食事内容の改善のほかにも注意をすることがあります。

便秘の人は脂肪肝になりやすい?

腸内の悪玉菌が増加をすると、腸内細菌のバランスが乱れてしまい便秘や下痢などの症状を伴います。

特に便秘になってしまうと、腸内で有毒ガスが異常発生をしてこれを解毒するために、肝臓は必要以上に働き疲れてしまいます。

疲れた肝臓は機能が低下をしてしまい、蓄積された脂肪の分解作用がスムーズにできなくなるため、脂肪肝につながりやすくなるのです。このため日頃から乳酸菌などを補い腸内環境を整えることも必要になります。

ストレスや睡眠不足も脂肪肝になりやすい?

過度なストレスを感じると体は交感神経が活発になり、興奮した状態となります。

この状態が続くと、内臓の血液量は減少し肝臓自体の機能の低下につながってしまいます。当然、肝機能が低下をすれば、脂肪の代謝にも影響を及ぼすので脂肪肝の原因になってしまうのです。

また、睡眠不足については、肝臓を巡る血液量は寝ている間に増えます。

つまり、睡眠中には多くの酸素や栄養が肝臓に運ばれますが、睡眠不足などが続くと十分な酸素や栄養が肝臓に届けられないため、肝機能の低下につながり脂肪肝につながるのです。ですから、ストレスや睡眠不足なども十分に気を付けましょう。

薬の常用も脂肪肝になりやすい?

肝臓には、さまざまなものを解毒する働きがありますが、薬などの成分も肝臓によって解毒をされます。

薬を服用することで、肝臓に無駄な負担をかけることになり、脂肪の代謝を妨げることになります。

また、薬によっては交感神経を活性化させる作用の薬などもあり、肝機能の低下につながります。このように、食事やアルコールのほかにも日常生活で気を付けたい点がいくつかあるので、脂肪肝を意識した生活を送るのであれば覚えておきましょう。

脂肪肝を防ぐには食べ物が有効

このように脂肪肝になりやすい人にはいろいろなパターンがあります。

脂肪肝を防ぐには、お酒を飲みすぎない、揚げ物などの油の多い食べ物ばかりを食べ過ぎないなどの対策方法があります。

食事の仕方はバランスが大切で、野菜や大豆系の食べ物を中心とした和食がいいといわれています。

とはいっても、肝臓にいい食べ物を毎日用意するのも大変なのでその辺はサプリメントなどを活用してもいいのかなと思います。

肝臓のサプリメントを摂る注意点としては、容量や用法を守るということです。

肝臓のサプリメントは以下のサイトに詳しく掲載されています。

http://kanzoukiso.com/rank_kanzou_kiku.html

また、肝臓にいい栄養素としてオルニチンもあります。

オルニチンはしじみに含まれる栄養素で肝臓からくる疲労回復や二日酔いの予防や改善などにもいいといわれています。

オルニチンのサプリについては、以下を参照してください。

http://www.mysteryoussef.com/