健康ノート
*

腎機能が低下したときに回復させるには

腎臓の機能は人間にとってとても大切なもです。腎臓の機能があらわしく低下すると最悪の場合には、命の危険にさらされる可能性もあります。

しかし、症状が最悪の状態ではない場合は、生活習慣を改善させることによって腎臓の機能を回復させることも可能です。しかも回復させる方法はとても簡単です。

体を冷やさない

腎臓の機能を保持するんは、まずは体を冷やさないようにすることです。体の冷えは冬だけでなく夏でも同じです。体を冷やすものばかりを食べたり、飲んだりしていると腎臓の機能が低下してしまいます。冬であれば、ホッカイロや防寒具をしっかり使って体が冷えないように気を付けてください。

体を冷やす食べ物、温める食べ物

特に食べ物には体を冷やす食べ物と、体を温める食べ物という2種類があります。

体を冷やす食べ物とは?

体を冷やす食べ物とはどんなものでしょうか。

一般的に体を冷やす食べ物というのは、夏が旬になる食べ物です。逆に冬が旬になるものは体を温めると言われています。また、ざっくりとですが、東日本が名産のものは体を温める、西日本が名産のものは体を冷やすともいわれています。

体を冷やす飲み物というと、白砂糖(黒砂糖は体を温める)の入った清涼飲料水や甘いスイーツ、ビール、焼酎などのアルコール、コーヒー、牛乳、緑茶や生野菜などがあります。

特に野菜で言うならトマトやレタスといったものは体を冷やします。また、体に良いと言われているシジミも冷やすものになるので、食べ過ぎてしまうと体を冷やす可能性があります。

体を温める食べ物は?

では今度は反対に体を温める食べ物ですが、これは和食中心にして根菜類の温野菜、発酵食品やねばねばした食材です。

体を温めることとしてよく知られているのはショウガです。ショウガ以外ならココアなどもあります。野菜なら人参やニンニク、ネギ、リンゴといったもの、肉なら鶏肉が体を温めます。

他にも体を温める食べ物は以下のようなものがあるので意識して摂ってください。
これが体を温める食べ物! 厳選30選 【最新版】

腎機能を改善するツボ

腎機能を回復させるには足の裏のちょうど真ん中あたりの腎臓に繋がるツボを押します。違和感があったり、しこりがある場合は親指で軽く押しながら、5分から10分程度、ゆっくりと腹式呼吸をしてみると効果的です。

腎機能を回復させるためにはこのツボ押しは毎日やるのがおすすめですが、週に1回~2回程度でも十分効果を期待できます。ちなみに、このツボの違和感が強い人は、1回あたりに行うツボ押しを20分くらいに長くしてみてください。

足の裏のツボの他にも、足の中指も腎臓と深い関わりがあります。 やり方は簡単!足の中指を掴んでグルグルと回し、ゆっくりそらしてください。

腎臓は豆のような形をしているので、肋骨からはみ出た状態で体に収まっています。そのため、両脇をしめた状態で体を左右にひねることで、腎臓は変形します。

このように腎臓を変形させることで、腎臓内で滞留している血流が良くなるため、腎臓の血流を促進させ、同時に腎臓を鍛えることにも繋がります。

腎臓を回復させるにはバランスの良い食事を

腎臓に負担をかける食事はタンパク質や塩分、カリウム、リンなどの過剰摂取です。とくに腎臓が弱っている場合は、これらの成分を摂取しすぎないようにしてください。

また、シジミなどの魚介類は、腎臓へ負担をかけにくい良質なタンパク質の他、腎臓障害を改善するのに効果を期待できると言われているオルニチンを豊富に含んでいます。

肉類も良質なタンパク質が多い鶏肉、豚肉、山芋やオクラ、納豆などネバネバした食べ物もムチンという成分を含むので腎臓に良い食べ物とされています。

参考:腎臓機能が低下したときの改善方法

腎機能の回復には運動が大切

腎臓の機能が低下したときに回復させるには適度な運動が必要です。ポイントはあまりにも激しい運動をするのは、かえってよくないので気をつけてください。

大事なのは股関節のストレッチ体操やスクワットを毎日決めた時間や回数をコツコツと続けていくことです。これらのストレッチや筋トレによって下半身の血行が良くなるため、腎臓に良い影響を与えてくれるでしょう。時間があれば1日30分くらいのウォーキングをするのもオススメですよ。

このように、腎臓を回復するために出来ることは色々あります。腎臓等の機能は破壊するのは簡単ですが、治すのは容易ではありません。

完全に腎臓を悪化させて後で後悔してしまう前に、普段から気をつけながら、できるだけ腎臓を壊さないようにしていってください。